2017/12/05

ノグルミの実で髪をとかす。「キツネのカミスキ」「サルのクシ」、人間の櫛にも


写真はノグルミの木。松ぼっくりのような、もっと小さい実がついています。




松ぼっくりと違って、鱗片(りんぺん)がトゲトゲで、触れるとチクチクします。これが櫛のようになるので、「クシグルミ」とも呼ばれると先日教わりましたが、ネットで調べてみると「クシグルミ」という呼び名は出て来ず、香川特有の呼び方かもしれません。ネットの情報によると、同じく櫛をイメージした呼び名で「キツネのカミスキ」や「サルのクシ」という別名があるとのこと。


キツネやサルに限らず、人間の髪にも使えそうに見えるので、試してみました。

ぼくの髪で、相方に頼んで実験…


 最初はこんな様子。


「サルの櫛」でとかしてみると…


きれいにとけました!

木の実でこんなに簡単に髪をとけるとは、「櫛職人も青ざめるなぁ」と話しました。

一般的な櫛ほど歯の深さがなく、頭皮まで届かず皮膚を傷つけないのもいい(逆に言えば、表面しかとけないのですが)。

誰かに会う前などにちょこっと髪を整えるには、ノグルミの実で十分そう。かさばらず、ポケットに忍ばせておくと楽しいかもしれません。


【関連記事】

by 硲 允(about me)
twitter (@HazamaMakoto


この記事をシェア

硲 允 プロフィールを見る

http://hazamamakoto.blogspot.jp/p/blog-page_20.html

【珍妙セレクション】