2016/11/30

つるのこ芋(阿蘇高森町の在来種)を「きぬかつぎ」で食べる。伝統野菜が好き


先日、善通寺五岳の里 市民集いの丘公園で開催された「香川ESDまつり」で、「つるのこ芋」という阿蘇高森町の伝統野菜を見つけて買ってきた。阿蘇の産直から直接仕入れて販売されていた。

香川) Kinco. hostel + cafe(高松)へ。金庫屋をリノベーションしたゲストハウス&カフェ


何度か前を自転車で通って、気になっていた「Kinco. hostel + cafe」に初めて寄ってみた。

2016/11/29

自然農3年目の秋の畑。ほぼ無肥料で育つ野菜が年々増えてきた

早起きの習慣は続いていて、朝起きると真っ先に庭に出て、時間がある日は畑に行く。

香川に移住してから、自然農3年目。農薬や化学肥料は使わず、肥料はときどき米ぬかや「しゅわさかさん」を薄めたものを与えたり、庭で草木を燃やした草木灰を撒いたりするくらい。畝を耕さず、作物以外の草は基本的に抜かずに鎌で根元を刈る。水やりはしない。

1年目はこの方法で育つ作物が限られていたが、2年目、3年目と年を経るごとにさまざまな種類の野菜が元気に育つようになってきた。


2016/11/27

フォレスターズかがわの「秋のワークキャンプ」(2016年)終了。お寺の山で自然と触れ合う2日間

2016年11月26日(土)、27日(日)の1泊2日で、フォレスターズかがわ主催の「秋のワークキャンプ」を塩江(香川県高松市)の大福院で行いました。

最初にテントを設営。ぼくが最初に立てたスケジュールでは、もう少しあとの予定だったのですが、山の経験豊富な方から、日が暮れるといけないから最初に、と指摘を受け、なるほどーと思い真っ先に。

森や里山のお話しの後、参加者の子どもたちに杉やヒノキの間伐体験をしてもらいました。


2016/11/23

栗林公園(高松)でマテバシイとスダジイのどんぐりを見つけて食べてみた。なかなか美味しい


最近、どんぐりを食べることに興味があり、あちこちでどんぐりを拾っているが、アクの少ないマテバシイやスダジイはなかなか見つからなかった。

高松の栗林公園にマテバシイやスダジイの木があると、ネットで見つけた昔の研究論文で読み、朝から出掛けた。

2016/11/22

ベジタブルみそラーメンを作った。豆の煮汁でコクを出す

先日つくった醤油味のベジタブルラーメンに続き、今回は、ベジタブル味噌ラーメンを作ってみた。

参考にさせていただいたのは、こちらの本。


「ますます菜菜ごはん―野菜・豆etc.素材はすべて植物性楽しさ広がるレシピ集」(カノウユミコ 著)


本のレシピでは、みじん切りにした長ネギとしょうが、にんにくを最初にごま油で熱すると書かれていたが、長ネギがなかったので代わりに玉ねぎにした。



2016/11/21

愛媛) 「三越マルシェ in 大街道商店街」で見つけた「エコえひめ」認証ラベルや鬼ぐるみ


スピッツのライブツアー「醒めない」で松山へ行ったとき、松山市中心街の「大街道(おおかいどう」を歩いていると、三越の前で小さなマルシェが開催されていた。

フォレスターズかがわ「秋のワークキャンプ」の準備。木や竹を伐り、火を焚き、山を歩く。

2016年11月26日(土)~27日(日)に開催を予定しているNPOフォレスターズかがわの「秋のワークキャンプ」に向けた準備で現地へ行きました。

場所は、塩江の「寶貴山大福院 (ほうきさん だいふくいん)」という天台宗のお寺の山。

まずはテントを張れる場所を考えるところから・・・。

草刈りの途中

「道具に使われるな」。コーヒーマシンで淹れたコーヒーにミルクを入れる場合、「コールド用」を選ぶという裏技


イオンの100円コーヒー(イオンドリップ)がまずまず美味しい。コーヒーは飲みだすと中毒になるので最近は家では控えているが、外出先では時々飲む。

2016/11/20

香川) へんこつ屋(へんこつ茶屋)の落書き部屋でひと休み。壁と天井を半紙に覆われた茶屋がある

へんこつ屋(へんこつ茶屋)

まんのう町のさぬき「こだわり市」で玄米10キロを買って琴平まで歩き、疲れたので「へんこつ屋(へんこつ茶屋)」でひと休みすることにした。

2016/11/19

香川) 「こだわり市の本気!11月」、こだわりの食が集まるお祭り。打ち込みうどんも

フォレスターズかがわの「秋のワークキャンプ」が11月26日(土)、27日(日)に迫ってきた(まだまだ参加者募集中です)。

まんのう町のさぬき「こだわり市」なら森に関心のある方がたくさん訪れそうだと思い、お知らせのチラシを置いていただきに行った。

ちょうど、「こだわり市の本気!11月」というイベントが開催されていた。琴電琴平駅から歩き、打ち込みうどんの販売が開始される11時少し前に到着。


2016/11/18

ハッピーヒルの稲刈り。一輪車で庭に運び、薪風呂工事の足場で天日干し


今年もいよいよ稲刈り。品種は、自然農法を提唱した福岡正信さんが生み出した「ハッピーヒル」というもので、香川に移住した2年前に、島根の方から分けていただいた。

愛媛) kili(きり)という行列のできるパン屋さんへ。じゃがいもカンパーニュがお気に入り

kili(きり)@松山

松山の中心街をぶらぶら散策していたら、小さなお店に行列ができていて、何だろうと思って道路をわたってみると、「kili」というパン屋さんだった。

愛媛) 「道後の町屋」でモーニング(ランチ?)。松山を訪れたときに立ち寄りたいカフェ。

道後の町屋

初めて松山へ行ったとき、道後温泉本館の付近を歩いていてたまたま前を通りかかり、「道後の町屋」というカフェに入った。懐かしい感じのする日本家屋のお店で、松山に来るときはまた訪れたいと思っていた。先日、スピッツのライブツアー「醒めない」で松山へ行ったとき、再び訪れた。

2016/11/17

竹でご飯を炊いてみた(竹筒ご飯)。白米だけで夢中で食べてしまう美味しさ

2016年11月26日(土)~27日(日)に予定しているフォレスターズかがわの「秋のワークキャンプ」で竹飯(「竹筒ご飯」「竹飯盒」とも言うらしい)をつくるので、予行練習をした。

庭で剪定した木や葉っぱで火をおこした後、近所の竹藪から孟宗竹を伐り出してきた。


愛媛) 泉ゲストハウス、旅好きのオーナーが営む多国籍な雰囲気の宿で一泊。


スピッツのライブツアー「醒めない」で松山へ行ったとき、道後温泉本館から徒歩約5分の「泉ゲストハウス」に宿泊した。

2016/11/16

愛媛) 道後温泉本館横の「玉の石」と、「伊予の湯桁風足湯」。道後の早朝散歩

道後温泉本館

毎朝、日の出の頃に起きて庭と畑に出るのを習慣にしている。旅行中は庭や畑を歩けないので、早起きして宿の付近を散歩することにした。スピッツのライブで松山に行った際、早朝に散歩していると、道後温泉本館の北側でたまたま「玉の石」というのを見つけた。

香川) キトクラスカフェ(KITOKURAS cafe)、すだちドリンクとこんにゃくベーグルでひと休み。


フォレスターズかがわの「秋のワークキャンプ」のチラシを置いてもらいに、自転車で隣町(丸亀市)の「キトクラスカフェ(KITOKURAS cafe)」へ行った。ここなら、森づくりに関心のある方がたくさん訪れそうだと思い。

「ファン心」を自分の燃料にしたい。スピッツのライブ「醒めない」へ行ったときのこと



先日、スピッツのライブツアー「醒めない」で松山へ行ってきた。

2016/11/15

小麦「さぬきの夢2009」の種まき2年目。去年の失敗に学び、丁寧に点蒔き


昨年畑と田んぼで収穫し、日の当たる廊下で干してあった麦(さぬきの夢2009)。今年も種まきの時期。

愛媛) 松山城周辺をさまよい、「わかくさ珈琲」でひと休み。

松山城付近の広場で座って昼ご飯を食べようと、お城の周りをぐるぐる歩いたが、なかなか入口が見当たらない。先日自転車で山を登って以来の膝の痛みが再発し、ちょっと休憩しようと座ったら、ちょうどカフェが見えたので、入ってみることにした。


2016/11/14

掛け布団や毛布も手洗いで洗濯。洗濯機のない暮らし

香川に移住してからもう2年半くらい、洗濯機なしの暮らしをしている(→「ぼくはなぜ洗濯機を使わず、手洗いで洗濯するのか?」)。

やることが積んでいるときなどはおっくうなこともあるけれど、庭に出て、たらいに水を入れて手洗いし始めると楽しくなってくる。

毛布など、大きいものは洗濯機やコインランドリーで洗うとラクかもしれないが、手洗いでも何とかなる。


愛媛) たけうち大街道支店の労研饅頭を食べる。昭和初期から受け継がれてきた酵母


松山市の商店街「大街道(おおかいどう)」を歩いていると、歴史のありそうな看板を掲げたお店があった。「労研饅頭」。「まんじゅう」ではなく「まんとう」と読むらしい。

愛媛) 「ヨーヨーキッチン!」で天然酵母のパンを買う。無農薬野菜を使ったレストランも併設

松山市駅付近を散策していると、よさそうなカフェが目に入った。


2016/11/13

愛媛・松山) ナチュラルグリーンズ(Natural Greens)で自然農法のりんごを発見!


高速バスで高松から松山へ。間もなく松山市駅、というときに、「ナチュラルグリーンズ(Natural Greens)」という自然食品店が車窓から目に入り、立ち寄った。

2016/11/12

スピッツのライブ「醒めない」@松山へ。Loppiでチケットを取る


ぼくは小・中学生の頃からスピッツを聴いている。特に高校生の頃は毎日のように聴いていたので、自分の人格や感性の形成に少なからぬ影響を受けたと思う。毎日聴いていたのがスピッツでよかったと思うことがある。

ライブはもう何年も前に、2回、行ったことがあるが、最近の曲を生で聴きたいと思い、今住んでいる香川での公演のチケットの発売日に朝から相方と一緒に自転車でローソンへ向かった。

2016/11/11

ジュズダマでお茶を作った。美肌や胃潰瘍への薬効があり、味も飲みやすい。

今年の夏は、あせも対策ではとむぎを粉にした「浄身粉」を毎日のように食べた。食べ忘れる日が続くとあせもが悪化することがあり、効いている感じがした。

近所で「ジュズダマ」が育っているのを相方が見つけた。ジュズダマは、はとむぎの原種で、はとむぎと同じかそれ以上の薬効があるといわれている。


ジュズダマというと、子どもの頃に糸を通して遊んだ記憶がある。それを口に入れることになるとは思わなかった。

2016/11/10

ベジタブルラーメンの作り方。野菜の出汁でラーメンの味になるとは知らなかった。

無かんすい焼きそば

ニンニクと玉ねぎをじっくり炒めてスープをつくったら、ラーメンのスープのような風味になったので、今度、麺を入れてみよう、ということになり、コープ自然派で中華麺を注文した。

2016/11/09

フォレスターズかがわ「秋のワークキャンプ」の参加者募集。塩江(高松市)の山で森づくり体験と手づくりかまど&ピザ釜料理


香川に2年半ほど前に移住してすぐの頃から参加しているNPO法人フォレスターズかがわと、塩江の「寶貴山大福院 (ほうきさん だいふくいん)」というお寺がコラボし、キャンプイベントを開催することになりました。日程は、2016年11月26日(土)~27日(日)。

2016/11/07

香川のローカル線「ことでん」の待合席に用意された座布団と中学生たちのメッセージ

いつもお世話になっている「ことでん(高松琴平電気鉄道)」の最寄り駅で降りると、待合席の座布団が新調されていた。


2016/11/06

国友農園の「りぐり茶」を3回煎じ、茶葉まで食べる。ご飯のお供にクセになる味


最近、朝は緑茶かハーブティ。

前に高知で買って、棚にしまったまま忘れていた「りぐり山茶(御大師様の大福茶)」 をここ数日飲んでいる。


2016/11/04

AUケータイ、「電話カケ放題プラン」加入とネット解約で月額2,200円に。


一度、スマートフォンとやらに乗り換えそうになったこともあるが、結局、未だに「ぱかぱかケータイ」(「ガラケー」という呼び名が嫌いなのでそう呼んでいる)を使い続けている。

2016/11/03

出釈迦寺(香川県善通寺市)、奥の院捨身ヶ嶽禅定の行場を歩く。

7歳の弘法大使が身を投じたとされる我拝師山(がはいしさん)に登り、奥の院禅定までたどり着くと、その横にこんな入口があった。


「御行場入口」。これは入ってみたくなる。一般の参拝者が入っていいものかちょっと躊躇したが、入ってみた。

2016/11/01

香川) 高松に子供食堂ができていた。余った食べものに困ったらフードバンク高松へ


高松の市街地にある「ぎおん通り」(瓦町)に「子供食堂」ができているのを相方が見つけて教えてくれた。