2016/05/31

批判によって何を生み出すかを意図することの重要さについて。



「人間は誰でもクリエイター」だと思います。人間は日々、「クリエイト(create、創造)」しつづける生きものです。

「クリエイター」なんていうと「どたいそう」かもしれませんが、誰かと話すのも、メールを打つのも、仕事の書類をつくるのも、ごはんをつくるのも、部屋を片づけるのも「クリエイション(creation、創造)」です。何かをぶちこわす行為ですら、この世に何らかの変化を生み出す「クリエイション」です。

言葉というのは、「クリエイション」のための道具の一つ。

言葉による「批判」というのも、「クリエイション」であり、それによって何を生み出そうとしているか、あるいは何が生まれるかをなるべく明確に詳細に意図することが大事だと思います。

違和感、反発心、嫌悪感、無念さ…そういったものが「批判」の原動力となることがありますが、それをどのような形で表現するかによって、その結果、「クリエイト」されるものは全く異なってきます。

竹林の手入れで出た竹のチップを畑で活用。チッパーはすごい音だった。



香川県綾川町には、中世の有力武将、羽床資高氏がかつて城を構えていた羽床城跡という場所があります。今では竹だらけになっていて、地元の人たちが中心となって、手入れを進めています。今年の2月の作業に引き続き、再び参加してきました。

前回は見ずに帰ったのですが、竹のチッパー(粉砕機)を使って、刈った竹をチップにするところを休憩中に見せてもらいました。

(音がうるさいので、動画の再生の際にはご注意ください)




ハチミツと玄米焼酎で梅酒を仕込みました。氷砂糖やホワイトリカーを使わない理由。


コープ自然派から熊本の青梅を届けてもらいました。梅と一緒に入った紙に、こんなメッセージが…

2016/05/30

麦のサプライズ事件。「蒔かぬ種は生えぬ」と言うけれど…

うちの田んぼでは今、真ん中の苗代で稲(主にハッピーヒルという品種)の苗が3~10センチくらいの大きさに育っていて、そこ以外は草が生え放題。

先日、ふと気になって草の生えた一角を見ると、そこには麦が一面に育っていてびっくりしました。



パスタとソラマメを一緒に茹でる、うちの「ずぼらパスタ」のつくり方。

うちの食事は、基本的に毎食玄米ですが、玄米を水に浸し忘れたり炊く時間がなかったりすると、うどんやパスタを食べます。お腹が減っているときはすぐに食べたいので、いつの間にか「ずぼら料理」を覚えました。

ずぼらで美味しければよし! ということで、うちの「ずぼらパスタ」をご紹介します。


靴下を繕うにも、オーガニックコットンと草木染めの糸を。

最近では、量販店でもオーガニックコットンや草木染めの商品を見かけることが増えてきました。

ぼくは靴下にしょっちゅう穴を開けてしまい、相方が繕ってくれているのですが、家にある糸が屋久島の植物で丁寧に染色された高級な糸しかなく、ぼくの靴下にはもったいないので、ほかの糸を探しに高松の瓦町FLAGという駅ビルに入っている「手芸センタードリーム」に行きました。

相方が前に見つけていた、ハマナカというメーカーの「Paume(ポーム)クロッシェ」というオーガニックコットンの草木染めの糸があるところに案内してくれ、色を一緒に選びました。


2016/05/29

野生の味と共にある、子どもの頃の記憶 ~グミの実を食べて~

自転車をこいでいると、懐かしい赤い実が目に入りました。



和歌山市で暮らしていた子どもの頃、家の前の駐車場の奥のブロック塀を越えたところにこの木が生えていて、この実が成るとパクパク食べていました。

[香川] KITOKURASの「春の木と暮らす、一日とHONMAMONマルシェ」に行ってきました。

綾川町(香川)の自宅から、小さな富士山のような形をした堤山(つつまやま)を目指して自転車で30~40分。丸亀市に入ってすぐのところに、ほんものの木を扱う材木屋さん「山一木材」と、併設のカフェやギャラリー「KITOKURAS」があります。

今日は、「春の木と暮らす、一日とHONMAMONマルシェ」というイベントがあったので、行ってきました。

久しぶりに訪れたら、山一木材の方の敷地内に、こんな素敵なテラスができていました。


2016/05/28

疲れたときはインプットを控えよう。流されるより、ぼんやりして回復を待つ。

by GSD Puppy / tj-wood


自分で何かをつくり出すアウトプットより、誰かがつくってくれたものを享受するインプットのほうがラクなので、疲れていると、本を読んだり音楽を聴いたり、インプットに走りがちです。

浄水には「急速ろ過」より「緩速ろ過」がいい? 微生物の力はすごかった。

人間、水を飲まないと生きていけませんが、毎日どういう水を飲んでいるか、よくわからずに過ごしている人が多いのではないかと思います(ぼくもそうですが)。

水道の蛇口をひねると飲める水が出てくる家が多く、それがどんな水なのか特に疑問を持たずに毎日飲んだり使ったりしているわけです。

67億人の水 「争奪」から「持続可能」へ(橋本 淳司 著)」という本に、「急速ろ過」と「緩速ろ過」の話が出てきました。





自宅に届く水を浄化している浄水場が、どっちの方式を採用しているか、ご存知でしょうか?

ヘンプシード(麻の実ナッツ)をおやつにつまんでいます。お菓子や料理にも。

カリディでhempseed(ヘンプシード。「麻の実ナッツ」と書かれています)を見つけて相方が買ってきてくれました。



Nutiva - Organic Hempseed - Raw Shelled - 227g


2016/05/27

日常が退屈なのは、「受け身」だから? 生産的な楽しみを見つけよう。

By Dwight Sipler from Stow, MA, USA, via Wikimedia Commons


小学生だった頃、「ヒマだ、ヒマだ」と嘆いていた記憶があります。

目が疲れにくい反射型液晶のパソコンを求めて。アメリカにありました!



目が疲れないパソコンを探していたら、液晶には「透過型液晶」、「反射型液晶」、「半透過型液晶」があることを知りました。

新しいパソコンを買って最初にしたこと。ディスプレイの色温度を変える。

5年ほど前に買ったMacbook Proが、そろそろお疲れの様子なので、hpのノートパソコンを買いました。画面がつるつるギラギラしていない「ノングレア」の液晶のほうが長時間使用しても目が疲れにくいらしいので、ノングレアの「HP 15-af100フルHD価格.com限定モデル」を選びました。




パソコンが届いて起動したところ、画面がやけに青っぽいなぁと思ったら、Macでは、ディスプレイの色温度を調整して青色を落としていたのでした。

2016/05/26

今年もダニ対策で青森ヒバのスプレーと防虫シートを買いました。天然の香りは快適です。

古民家暮らしで夏に困らされるのは、虫です。大小、いろんな虫たち。小さい虫では、寝ている間に噛んでくるダニさんです。東京のアパート暮らしのときは大丈夫だったのですが、家をお借りしたときから敷いてある、年季の入ったカーペットをそのまま使っているからでしょうか。ダニは蚊と違って、一度刺されるとしばらく痒みが続くので困ります。

昨年の夏は、途中から防ダニシートとヒノキのスプレーを使い始めてからだいぶ過ごしやすくなりました。

去年は違うメーカーのものでしたが、今年は、生活アートクラブの製品がコープ自然派のカタログに載っていたので、届けてもらいました。



ムシさんバイバイシート1枚(1m×2m)


食べきれない大根をスパイス入りピクルスにしました。これなら常温保存できる。

コープ自然派から届いたダイコンがたまってきていたので、相方がピクルスにしてくれました。

作り方は、こちらの本を参考にしました。



保存食で体をととのえる 身近な素材でできる簡単レシピ(山戸 ユカ)


「保存食」といっても、冷蔵庫を使う方法ばかり書かれた本も多いようですが、この本はピクルスやしょうゆ漬けなど、冷暗所で保存できる方法も載っています(うちでは冷蔵庫を使っていないので、何でも常温保存です)。

2016/05/25

新聞記事の制限に思う、自由にアウトプットできる場所を持つことの重要性について



ブログのいいところに、一つの記事の文章の長さや文体、写真や動画の位置や量などを、自分の好きに編集できることがあります。

新聞や雑誌に記事を書くとなると、そういうことが著しく制限されてしまいます。

食を変えて、弱った身体が元気になった話。何を変えたのかというと?



今では「原始の味」と人から言われるような食事をしていますが、特に大学生の頃は、今思うとむちゃくちゃな食生活をしていました。

香川県観音寺市「入江こうじ製造所」の甘酒と麹のこと。もち麦入りの甘酒もあります。

JR宇多津駅(香川県)の近くのコープでいい甘酒を見つけたといって、相方が買ってきてくれました。


2016/05/24

ぼくの野菜づくりの原点は、小学校の農園のミニトマトかもしれない。

うちの畑で育っているミニトマトの芽


小学校の農園で食べたミニトマトの味を今でも覚えています。

2016/05/23

ブログ記事を半年で600本書いて思うこと

ブログを昨年11月半ばからほぼ毎日更新し始め、半年で約600本の記事を書きました。

3ヶ月経ったときにも感想を書きました(「ブログを3か月で270本更新すると、こんな変化がありました。」)が、半年続けてみて、感じたことを書いてみたいと思います。

ブログを書いて「自分の言葉」を取り戻そう



ぼくらが発する言葉というのは、相手や場所に影響を受けるものです。

相手や空間に自分を合わせているうちに、いつの間にかそれが自分の「デフォルト」(標準のモード)になってくるものです。

それが、「自分がこうなりたい」という姿であればいいですが、もしそうでなければ、なりたい自分に向かって進めるよう、方向転換する必要があります。

[香川] 仏生山にオープンしたカフェとごはんのお店「Nöra(ノラ)」を訪れました。

仏生山温泉に行った帰り、歩いていたら新しいお店がオープンしていました。「四国食べる商店」のすぐ隣りです。


「Nöra」というカフェとごはんのお店。つい先日、前まで「奥の坊」という小料理屋があった建物を改装しているのを見かけ、何ができるのかなぁと楽しみにしていたところでした。

2016/05/22

お風呂は週に1、2回で十分? 温泉通いの暮らし。



香川に移住するまで、お風呂は基本的に毎日入り、毎回髪を洗うのが当たり前でしたが、今お借りしている古民家のお風呂が壊れているので、毎日お風呂に入るのが難しくなりました。

電車で高松の仏生山温泉に通っていて、毎日行くには時間もお金もかかりすぎるので、暖かい季節は3〜4日に1回、寒い季節は4〜5日に1回くらいのペースで通っています。

最初の頃は、毎日入らなくて身体が汚くならないか心配でしたが、慣れてくるとこれで十分だということがわかりました。

[香川] 三木町の牧場のミルクや地元産素材を使った「森のジェラテリア MUCCA」のこと


ぼくは甘いものが好きなのに歯がわるくて控えているので、相方はぼくの前であまり甘いものを食べません。琴平方面に一人で出掛けた相方が、地元の素材を使ったジェラート屋さんに行ってきたらしく、ぼくのブログ用に写真を送ってくれていました。

香川県三木町の広野牧場がプロデュースしている「森のジェラテリア MUCCA」というお店(こんぴら店)です。

2016/05/21

「小さい農業で稼ぐコツ」(西田栄喜)読みました。小さな農家が増えたら楽しい世の中になりそう。

小さい農業で稼ぐコツ 加工・直売・幸せ家族農業で30a1200万円(西田栄喜)」という本を、環境活動家の田中優さんがメルマガで知り、近所の本屋で見つけて買いました。




今年から畑で育った野菜の販売を少しずつ始めてみようかと思っており、そのための勉強に。

[香川] 官公庁・大企業のおさがりのパソコンが安く販売されるらしい。

畑から戻ると、ポストにこんなお知らせが入っていました。




ノートパソコンが1台26,000円!?

「畑の中のコワーキングペース」、あったら行きますか?

by alone / novecentino

近場にノマドワークをしたくなる場所がない


気分転換にどこかに出掛けて仕事をしようと思っても、近所にこれといった場所がありません。

綾川(香川県)のイオンに行けば、カフェが何軒か入っていますが、賑やかにおしゃべりをして過ごす場所という雰囲気で、黙々と何時間も仕事をしていられる感じはありません。


香川のノマドワーク事情は?


2016/05/20

「理想の暮らし」はどんな暮らし? 「ワーク=ライフ」にしたい。



5年以上前に何かの雑誌で、脳科学者の茂木健一郎さんが朝に湖のほとりかどこかで胡座をかいてパソコン仕事をしている写真を見て、「こんな暮らしいいなぁ」と思ったのを覚えています。

ヘビイチゴエキス(焼酎漬け)をつくりました。虫刺されや火傷などに。


これはうちの庭で実った「クサイチゴ」。ここに引っ越してきたときから育っていて、春になって赤い実をならすと、庭で洗濯をするときなどにぱくっと食べています。


こっちは「ヘビイチゴ」。クサイチゴよりも大きくて、まるっとしています。

自然に近い田舎暮らしは、将来の漠然とした不安を消してくれる。



先日、カフェで仕事をしていると、若い男の人の話し声が耳に入ってきました。

「人生にはトラブルがつきもの」「いつ何が起こるかわからない」、だから…というような話らしい。

香川産の無農薬玄米を使った「まるざ玄米煎餅」。さぬき土産にどうでしょう。

香川のちょっとしたお土産(食べもの)に何がいいかなぁと思っても、香川産の無農薬の食材を使い、無添加で素材にこだわった商品というのはあまり見かけません。

そんななか、こちらは香川産の無農薬の玄米(もち米)を使ったレアなお煎餅。


映画「わたしの自由について 〜SEALDs 2015〜」、香川でも上映決定。

SEALDsの活動を取材した映画「わたしの自由について 〜SEALDs 2015〜」が、5月14日から全国で上映されています。




2016/05/18

幸せな人生を送るには、どんな仕事をすべきなのか。



日本の義務教育は小学校から高校まで12年もあり、いろんなことを教えられますが、「どうすれば幸せな人生を送れるか」ということについてはあまり教えてくれません。

ブログを書くためにポメラ(DM20)を買いました。目が疲れず快適です。

前々から気になっていた「pomera(ポメラ)」をついに買いました。「DM20」という機種を、ヤフオクで10,680円(ケース付き)で落札。



淡路島だけで栽培される希少な原生種のみかん「なるとオレンジ」、初めて食べました。

コープ自然派のカタログをチェックしている相方が、ぼくの好きそうなみかんが載っていると教えてくれました。

「なるとオレンジ(鳴門オレンジ)」という、品種改良を加えていない原種のみかん。柑橘類の原生種というのは珍しいそうです。