2016/03/15

SPF材で廊下やトイレの床を張りました。SPF材は無垢材なのか?


お借りしている家の廊下。マットやその下の木材がかなり汚れていたので、マットを剥がし、もともとの床の上に木材を張りました。

使用したのは、近所のホームセンターで売っているSPF材(1×4)。

SPF材とは、spruce(えぞ松)、pine(松)、fir(もみ)の頭文字から付けられた名称で、主にカナダから北米の山脈地帯に生育している木材を使用しているそうです。

SPF材が床材として使えるかどうか、ネットで調べてもいまいちわからなかったのですが、やってみたところ、廊下やトイレの床には十分な出来映えになりました。

敷き詰めて釘やビスで留めただけです。

もともとある程度の反りがあり、床に張った後で反り返ってくることもあるので、ところどころちょっと浮いていますが、それほど気になりません。気になるようであれば、局所的に釘やビスで留めるところを増やせば解決します。

近所のホームセンターで販売されているSPF材は、その時々でものが違い、時々、FSC認証マークがついた製品が売られていることもあります。FSC認証とは、森林管理協議会(FSC)が適切に管理された森林から伐採れた木材(あるいは木材由来の製品)に与える認証です。

SPF材というのは、DIY情報誌などでは「無垢材」として取り上げられていることもありますが、どうなんでしょうか。FSC認証マークが入っているものは、表面に何も塗装されていないように見えますが、FSC認証がついていないもので、もにによっては表面がツルツルしている製品があり、無垢材ではなく何らかの加工をしているように見えます。どんな加工をしているのか、あるいは、防かび剤などが使用されているのかどうか気になるところですが、ネットで検索しても情報がでてきません。ご存知の方がいましたら、教えていただけるとうれしいです。

この記事をシェア

硲 允 プロフィールを見る

http://hazamamakoto.blogspot.jp/p/blog-page_20.html

【珍妙セレクション】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...