2016/03/09

野菜の苗を植えるのは邪道だと思っていましたが、今年は苗作り開始。

昨年まで、苗から野菜を育てるのは「邪道」で、なるべく全部、種から育てたいと思っていましたが、考えが変わりました。

うちの畑はいわゆる「自然栽培」なので肥料を入れておらず、まだ今年で3年目なので、昨年は夏野菜の種を春にまいても、トマトやナスが実ったのは涼しくなった頃でした。夏野菜を「夏に」たくさん食べるにはやむを得ないということで、今年は自分で苗をつくってみることにしました。

今年からは、少しずつ野菜の販売を始めようと思っていることもあります。春夏秋冬、なるべく常にたくさんの種類の野菜が育っているように、工夫していきたいと思っています。

苗づくりのための土は、業者の場合、殺菌した土を使うと聞いたことがありますが、うちは畑の土を運んできました。

それに、草木灰と米ぬかを混ぜてみました。

何の種をまいたか記す札をつくるために、近所で竹を伐り出してきました。


鉈(なた)で割って、簡単につくれます。




庭に放置されていた発泡スチロールの箱と、何かの苗を買ってきたり庭に捨てられていたポットをリサイクル。ポットが途中で足りなくなったので、納豆の容器を再利用。


ミニトマト、ナス、キュウリ、冬瓜、ピーマン、カボチャなどの種をまきました。

東京のナチュラルハーモニーで購入した「基土銀河」という、濃縮腐葉土(肥料ではありません)が残っていたので、種をまいた後で上から振りかけてみました。




大きなビニール袋に入れて完成。袋は口を閉じず、空気が通るようにしています。温度計を見ると、外気は約18℃。ちょっと経ってからビニール袋の中に手を入れてみると、結構あたたかかったです。

初めての苗づくり、さてどうなるか、楽しみです。また報告します。


この記事をシェア

硲 允 プロフィールを見る

http://hazamamakoto.blogspot.jp/p/blog-page_20.html

【珍妙セレクション】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...