2016/03/07

facebookのマナーと危険予防について



facebookはもう使っていませんが、相方と時々facebookについて話します。

ぼくには「無法地帯」と思えるくらい、facebook内では配慮や想像力の欠如した行為が日々行われているようです。

まず、許可も得ずに他人の写真を載せること。

先日も、ぼくも参加したとあるイベントでの集合写真がfacebookに掲載されていたらしく、そのつもりで撮っていたのなら、どうしてひと言、載せていいか確認をとらないのだろうと思いました。そういう人とはまともに付き合えないなぁ、と。

相方の話によると、友人の結婚式に呼ばれて、その友人が自分で写真を載せたり報告したりする前に、式の最中にfacebookに写真をアップする人もいるそうで、自分がされたわけでもないのに、その話を聞いただけで腹が立ってきました。なんでそんな友だち呼んだんよ!という感じです。

とにかく、他人に関する情報を勝手に載せるのは、なるべく慎重になるべきだと思います。

それから、自分の小さな子どもの写真を載せること。

親の勝手だろ、と思う方もいるかもしれませんが、子どもは親の所有物ではありません。まだ自分の意思をはっきり表明できず、本人が何を希望しているかはわかりません・・・公の場に写真を載せてほしくないかもしれない。うちの子どもは目立ちたがり屋に違いないから、写真を見せたがっているはずだ、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、子どもが大きくなってからきいてみないことにはわかりません。

「◯○が赤ちゃんだったときの写真、facebookに載せて友だちとか知らない人に見てもらったんだけど、そうしてほしかった? しないほうがよかった?」ときいたら、どんな返事が返ってくるでしょうか。

子どもの写真を載せて、特に何も問題が起こらなければ、子どもが大きくなって載せてほしくなかったことがわかっても「勝手に載せて!」で済むかもしれませんが、写真がいろんな形で悪用されないとも限りません。

とにかく、写真にしろ何にせよ、他人の情報を当人の許可を得ずに載せることには慎重になるべきだと思います。

誰といつ会ったか、ということでも、はっきりわからないように書くように心掛けています。その人は、その時間帯、ウソの理由で他の人からの誘いを断っている可能性もあるので…。

この記事をシェア

硲 允 プロフィールを見る

http://hazamamakoto.blogspot.jp/p/blog-page_20.html

【珍妙セレクション】

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...